トラブルリカバリ日記-003 ~現場に入る前に仮説を作る

最初の一歩の現状把握のために、資料などを集めましょう、とこちらの記事で書きました。 vekitomo-0.hatenablog.jp では、資料を読み込んだならば、次に何をすべきでしょう。 仮説を作りましょう。 仮説の観点はいくつかあります。 開発する機能がいくつかあ…

トラブルリカバリ日記-002 ~最初の一歩は現状把握から

トラブルリカバリに突っ込まれたら、最初にやるべきことは何でしょう。 それは現状把握です。 まったくもって、何も知らない状況から入るのであれば、 プロジェクトの要件・開発対象がわかる資料 プロジェクトのマスタースケジュール 体制 設計書 等の収集か…

トラブルリカバリ日記-001

ちょっとトラブってる案件があるんだけど、人出せないかな、という一言がきっかけでした。 「どういうスキルセットの人が必要ですか?」 と聞いたところ、 「・・・・」 、、、怪しい、、、 「とりあえず、何人でもいいから」 と。怪しい、、、、。 経験上の…

リーダーが前向きでいることがチーム力を高めることになる

後ろ向きな、ネガティブなリーダーのチームはチーム全体もネガティブになり、チーム全体の力が発揮されません。なによりも雰囲気が暗いチームとなってしまいます。 一方で、リーダーが前向きでポジティブなチームは常に明るくチャレンジを続けます。 小さな…

プロに謙遜はいらない

みなさんは、新しい環境に移ったり、新しい人と会ったりして自己紹介をするときに、自分のことを謙遜して自己紹介をするでしょうか? 私は過去のキャリア、スキル、経験を謙遜することなく説明します。 それには理由があります。 お客さんであっても、社内で…

言ってはいけない! 「即断即決」をできない人の口グセ

仕事には、個人でする仕事とチームでする仕事があります。自分の仕事をどれだけスピードアップしても、チームのスピードがあがるとは限りません。 チームのスピードが遅くなる一番の要因は、人と人の間で発生する待ち時間です。チーム内にあるムダな時間であ…

プレゼンの失敗NGあるある

プレゼンは、それだけで本が書けるくらいのたくさんのネタがありますが、今回はプレゼンの失敗NGあるあるを紹介します。 このNGあるあるは、失敗プレゼンのよくあるパターンなので、これらをしないだけでもプレゼンレベルが格段にあがると思います。 【ある…

文字の最初と最後だけあっていれば文章は読めてしまう ~レビューはほどほどに

さて、まずは次の文章を読んでみてください。 こんちには みさなん おんげき ですか? わしたは げんき です。 この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか にんんげ は もじ を にしんき する とき その さしいょ と さ…

「時間に遅れてはいけない」のはなぜ?

「時間に遅れてはいけない」ということは社会人になってすぐに教え込まれます。というか、一般常識ですね。ごくごく当たり前ですが、仕事の世界で「時間」について語るならば、まずは「時間に遅れてはいけない」ということから始まります。 最近では、ビジネ…

木を切る前に斧を研ぐ ~始める前の準備が大切~

もし、木を切り倒すのに6時間与えられたら、私は最初の4時間を斧を研ぐのに費やすだろう。 アメリカ第16代大統領のエイブラハム・リンカーンの言葉です。 これは、「何事も始める前の準備が大切だ」という意味ので引用されることが多い言葉です。 言葉尻だ…

時間は誰にでも平等なもの ~24時間365日はみんな同じ

「忙しい」「時間が足りない」と思っている人は多いと思います。 本当にそうでしょうか? ある一面では正しいですが、実は間違いです。 私はこれまで多くの人を見てきましたが、いわゆる「偉くなっている人」は仕事がたくさんあって忙しそうなイメージがあり…

仕事の基本はきちんと学ぼう ~見よう見まねの我流はだめ~

最近、中堅レベルのメンバーを見ていてよく感じるのは、見よう見まね、先輩・上司のやり方を真似してきた、という人が多いということです。 例えばでいうと、資料作成です。 私がいまの環境に入って、最初に感じたのは「資料」がちょっと違う、でした。 私自…

集中セッションのススメ

とある、重要なプロジェクトが12月に次の局面に進んだので、その局面の最初に3日間の集中セッションを行いました。 その局面を進めるにあたっての、最初の基本コンセプトづくり、方針策定等々がテーマでした。 なおかつ、このセッションは外部のレンタル会議…

ガジェット用の必須アイテム

最近では、持ち歩かないといけない電子機器ーガジェットが増えてしまってきています。 最近っていっても、ずっと前からですが。 私自身は、アナログ派でできるだけ手帳やらノートは手書きのものを使いたいのですが、仕事環境がどんどんデジタルに流れていっ…

会議がムダに終わってしまう3つのパターン

仕事の中で、大なり小なり会議はたくさんあります。そのたくさんある会議でも、良い会議・悪い会議というものがあります。 悪い会議になってしまったら最悪です。時間と労力がムダになってしまいます。 良い会議となるポイントはいくつもありますが、今回は…

「整理」と「整頓」は同じ?ちがう?

『整理整頓』とはよく言われますが、整理と整頓とは何がちがうのでしょう? 私自身、これまでこの2つの意味の違いを考えたこともなく「整理整頓」とまとめて捉えていましたし、意味も、ごちゃごちゃにとっちらかってるものを綺麗にする、くらいにしか考えて…

すべての仕事の基本、「IPO」を意識しよう

システム開発の世界では「IPO」という言葉があります。アイポと読みます。 これは、 Input(インプット)→Process(処理)→Output (アウトプット) の3つの頭文字を取ったものです。 すなわち、インプットを処理してアウトプットを作成するという…

仕事は段取りが重要 〜 「一番時間のかかる仕事」を見極めよう

エレベータの「行き先階」ボタンとドアの「閉」ボタン。どちらを先に押せば最速で行き先階に行けるでしょうか? 答えは「閉」ボタンです。 仕事のスピードは、段取り次第でいかようにも変わります。段取りが命です。段取りとは、言い換えると「仕事をどの順…

仕事の期限は『自分のため』に守ろう

仕事の期限を守らなければいけない、ということは誰もが知っていることです。 では、何のために期限を守らなければいけないのか。 契約上の問題 お客様と決めたから 上司に言われたから など、いろいろと理由があると思います。 ですが、『期限を守る』とい…

通勤電車のスキマ時間を有効に使うためにポジショニングが重要

電車の中のベスト・ポジションを狙おう 私にとって、電車の時間は自己投資の時間なので「どこに陣取るか」が私の学習環境を大きく左右します。私の電車のベスト・ポジションは、ドアと座席の間の白い板があるところです。 この場所がベストな理由は、つり革…

「人に依頼した仕事は期限ギリギリまで出てこない」と思って仕事をしよう

同僚や後輩、チームメンバーに依頼した仕事はだいたい期限ギリギリまで出てきません。例えば、3人のメンバーに同じ資料作成を、「今週中」「来週中」「月末まで」と別々の期限で依頼したとしても、どの場合でもその期限ギリギリに資料が上がってきます。つ…

来たるべきチャンスのために準備をしておく

成長のためには、みずから学びを継続しないといけません。 自分の目の前の仕事を、より高いレベルで実践するために必要なスキルアップのための学びもあれば、いつ使うのかわからないスキルのための学びがあります。 いつ使うかわからないスキルの代表格とし…

自分の仕事を振り返ることが『成長』につながる

研修やセミナーを受講したり、書籍を読んだり、先輩のやり方を真似をしたり、と自分の成長へのアプローチはたくさんあります。 それらのどのアプローチをとろうが、包括的に必要なアプローチが『振り返り』だと思っています。 振り返るとは、自分がやった仕…

考えるベクトル(方向)が大切 〜効率的にムダなくモレなく考える方法

仕事では、いかに考えるか、ということが重要です、当たり前ですが。 考え方、思考法という方法論にはロジカルシンキングやデザインシンキングなどいろいろとあります。 私は、思考法の切り口として、 思考のベクトル というのをとても重要視しています。 思…

『成長する人』と『成長しない人』の違い

仕事をする中で伸びていく人、伸びない人、いろいろいます。 伸び具合にも、伸びない具合にもそれぞれレベルがありますが、今回は、ざっくりと大きくふたつに分けて考えてみたいと思います。 『成長する人』と『成長しない人』です。 これまで、それぞれのパ…

ビジネス書は読むべし ~最も効率のいい成長へのインプットである

自分の成長の糧になるインプットにはいろいろなルートがあります。 研修、セミナー、勉強会、交流会など。 いろいろありますが、私は本を読むことからのインプットが一番効率がいいと思っています。 例えば、研修やセミナーだと、開催のタイミングがあります…

尊敬する人、目標とする人はいますか? 〜私はいないべきだと思う

中学、高校のときのうっすらと記憶があるのが、 何かというタイミングでアンケートみたいなのがあり、 座右の銘は何ですか? 尊敬する人は誰ですか? というのがありました。 これは社会人になっても何度かありました。 その当時から、そして今だに違和感が…

働き方改革?ワークライフバランス? 仕事はOnとOffが大切だと思う

ここ近年、『働き方改革』とか『ワークライフバランス』とかいった言葉がたくさん飛び交っています。 個人的な感想をいうと、これらについてあまり興味はありません。 なぜなら、これらの『働き方改革』とか『ワークライフバランス』といったものから出てく…

観察眼が仕事を左右する

「人のフリ見て、我がフリ直せ」というのは有名な言葉です。 より成果を出している人の共通点のひとつに『観察眼』があると思います。 『観察眼』にはいろいろな『観察眼』があります。 先ほどの言葉のように、人の失敗やネガティブな面を自分の反省として活…

マーケットで通用するスキルを身につけよう?

自分がやってきた仕事、身についたスキル、それぞれあると思いますが、それを社外にきちんと説明できるでしょうか。 社内では説明できると思います。 それが社外に向けたときに、一般化した、汎化した言葉で説明できなければいけません。 自分が属している組…