若手リーダーに向けた仕事の心得

6月中旬から7月末にかけて、あるチームの状況が芳しくなかったので、直接、マイクロマネージメントをしていました。

その期間、そのチームのリーダーの育成もしていました。こうした方がいい、こうすべきだ、こうしてはダメだ、など多岐に渡ることを伝授してきました。

そのクリティカルの状況を抜けたので、そのリーダーには、私から言われたことを再整理して振り返って見直した方がいいよ、と伝えたところ、Excelで整理してきました。

今回は、箇条書きですが、その内容を列挙したいと思います。

今後のブログで、ひとつづつ書きしたためていこうと思っています。

まずの今回は、列挙です。

f:id:vekitomo-0:20170829150411j:plain:w300

計画

【作業計画】

  • WBSで管理。作業の全量を捉えて全てのタスクを管理し、発生したものは都度追加していく。 (MECE・階層構造を意識する)

  • 作業者のスケジュールにバッファは入れない。

  • 計画に意思をこめる。(作戦、戦略、思い等)

実行

【報告資料作成】

  • 定量的な情報とそれに対するコメントを添える。

  • 定量的な情報の纏めは機械的に集計できる仕組みを最初に構築する。

  • 報告資料は見やすく、報告ポイントや前回との変更点を明確にする。

【報告】

  • 結論を先に話し要点を纏めて簡潔に説明する。

  • 報告対象の相手により報告内容のレベルを変える。

【進捗管理】

  • メンバーとの会話を増やすことで状況を正確に把握し問題点に対する早期発見・解決を図る。

  • 状況や人に応じてトレースの頻度・粒度を変える。

  • 空いている席に座るなどメンバーとの距離を近くする。

  • ホワイトボードを利用し状況を可視化し共有できるようにする。

【リーダー振る舞い】

  • どんな状況であっても平常心、暗い顔は見せない、声を張る。

  • メンバーのモンキーは持たない。その場で判断しメンバーにやらせる。(アイドルタイムを無くす)

  • 関係者を巻き込んで最善の策を検討する。

【チーム育成】

  • チームとしての目標や意識することを何度も繰り返し伝える。

  • PCR・障害対応において経験のないメンバーをアサインする。

  • 有識者は作業からレビュー重視に転換しレビューを強化する。

  • チームメンバーのモチベーションを上げるようメンバー個人毎のアクションをとる。

その他

  • PDCAはPDに対してCAを行い、振り返りのスパンを早め改善点があれば即改善する。

  • 対外的な人との約束についてはエビデンスを残す。

  • 口頭での説明ではなく絵を描いて説明する。

  • 本などにより基礎を学ぶ。(PMBOK、ビジネススキル等)

  • メンバーの年間稼働状況を把握し総合的な判断でコントロールする。

あなたのチームがジャングルで迷ったらどうするか? ~リーダーシップとマネジメントの違い

想像してみて下さい。

あなたは10人のチームのリーダーです。

あなたのチームは、ジャングルの中で道に迷ってしまいました。

f:id:vekitomo-0:20170816091514p:plain:w350

ぱっと見回してもうっそうと覆い茂る木々や草ばかりでどっちへ進んでいいのか分かりません。少し歩きまわっても状況はまったく変わらず、どこにいるか、どこへ向かうべきかまったく分かりません。

あなたのリーダーとしてミッションは、チーム全員で無事にこのジャングルの中から脱出することです。

さて、リーダーであるあなたは何をしますか?

リーダーであるあなたは、

 ■リーダーシップ
 ■マネジメント

というものをそれぞれ駆使して、チーム全員でジャングルの外へ脱出しなければいけません。

混同しているリーダーが実に多いのですが、まず最初に、リーダシップとマネジメントは異なる別のものということを言っておきます。

このふたつは明確に違うスキルで、チーム状況に応じて使い分けをしなければいけません。

さて、このジャングルから抜け出すためにリーダーがやるべきことを順を追って説明しましょう。

図にするとこのようなイメージです。

f:id:vekitomo-0:20170816091459p:plain:w350

これらのうち、①、②、⑥の青字がリーダーシップで、②、③、④のオレンジの字がマネジメントです。

リーダーシップとマネジメントの違い

リーダーがまず最初に行うべきことは、

 ① ゴールを設定する

です。どこへ向かうべきか決まっていないチームはまずゴールを設定しないといけません。

そしてゴールを決めたら次は、

  ② ゴールまでの道を定める

必要があります。ゴールまでの最短距離を進むのか、リスクがありそうなエリアを特定し、そのエリアを迂回する道を進むのか、決めるのはリーダーです。

ここまでが『リーダーシップ』と呼ばれるスキルエリアです。

さて、ゴールとそこまでの道を決めたらその次は、

  ③ いつまでにどこまで、どうやって進むかの計画を立てる

ことをします。いわゆる、作業計画、プロジェクト計画などと呼ばれるものです。

そして、その計画を実行するための組織(チーム)を組閣するため、

  ④メンバーの役割分担を決め、チームを作る

ことを行います。

チームが計画に沿って進みだしたら、

  ⑤計画通りに進んでいるかを確認し、計画通りでない場合はアクションを実行する

ことを行います。いわゆる、進捗管理です。

これら③~⑤が『マネジメント』です。

このように計画に沿って進捗管理をしてゴールまでの道を目指します。ですが、途中、いろいろな困難に遭遇すると思います。チームメンバーのモチベーションが下がり、チーム力が低下することがあります。

そのときに行うのが、

  ⑥ゴールまでチームを引っ張る、チームを鼓舞する

です。

これは『リーダーシップ』です。

これらを簡単にまとめるとこのようになります。

f:id:vekitomo-0:20170816091439p:plain:w350

リーダーシップとは、

 ● ゴールを決める

 ● 道を定める

 ● チームを引っ張り鼓舞する

を行い、

マネジメントとは、

 ● ゴールまでの計画を立てる

 ● チームを組閣する

 ● トラッキングとコントロール

を行います。

次のように例えられることがあります。

 ● リーダーシップ ⇒ 方位磁針

 ● マネジメント  ⇒ 時計

リーダーシップとマネジメントを使い分けよう

このように、リーダーシップとマネジメントは異なるふたつのものです。

リーダーがチームを任されたとき、リーダーシップとマネジメントの2つのスキルを使わなければいけません。

では、どちらをどれくらい使うのか?

それは完全にチームの状況に応じます。プロジェクトの立ち上げ時にはリーダーシップでチームの目標を定めつつ、計画を立案しなければなりません。

プロジェクトが順調に進んでいるときは、進捗トラッキングが主な仕事になります。しかし、ひとたびトラブルが発生するとリーダーシップを用いないといけない局面がやってきます。

どの局面でどちらのスキルを使うのかを意図的にコントロールすることが重要です。

バランスです。

ということを考えると、人によって、得意なエリアが違うと思います。マネジメント系が得意なリーダーと、リーダーシップ系が得意なリーダーがいると思います。

今時点、自分がどちらが得意か、どちらのスキルを伸ばさないといけないのか、を見定める必要があると思います。

どちらかだけでは、成果を出すリーダーにはなれません。

リーダーにおすすめする本

リーダーにおすすめの本をこちらの記事で紹介しています。ご参考までにどうぞ。

vekitomo-0.hatenablog.jp

休みを取るのもプロの仕事のうち

今週、まさにお盆の時期に入っていて、通勤電車の人も少なく快適な通勤時間を遅れています。
なお、私は、8月の前半に夏休みを取ったので、リフレッシュして快適な通勤をしています。

さて、その休みですが、 「忙しくて夏休みが取れないよ」
と、自慢気に語る人がいます。そのような人の中には、自分が忙しいということに酔っている人が多いのだと思います。

実は、これって、プロフェッショナルを意識すると、やめた方がいいことだと私は思っています。

プロならば、仕事が忙しくても都合をつけて休みを取るべきだと思います。
それが、家族がいる人ならば家族のためにもなりますし、自分自身のリフレッシュにもなります。

もちろん、プロジェクトの大切なマイルストーンが8月に設定されているから、などという理由で8月に休みを取れないこともあるとは思います。そのようなときは、時期をずらしてでも休みを取った方がいいです。

休みは必ず取る、休むときは休む、ということもプロの仕事のうちだと思います。

f:id:vekitomo-0:20170815141308j:plain:w350

自分の役職が上であるほど、きちんと休みを取るべき

どのような人もプロとして、休みをとるべきだと思っていますが、特に、役職が上である人は、より意識した方がよいでしょう。

上の人間が休みを取らないと、企業文化によっては下の人間が休みをとりづらいということもありますし、上の人間が積極的に休みを取ることで、下の人間もそれをリスペクトするようになります。

このようにポジションが上の人の行動は、休みの取り方ですら組織に影響をもたらします。

ワークライフバランスとは・・・

休みの話をしたので、ちょっとここでワークライフバランスについても語ってみます。

私の考えるワークライフバランスは、時間のバランスではありません。 ワークライフバランスを保つために、平日の残業時間を少なくして、夜の時間を自分のプライベートな時間に割り当てる、ということを言われることがよくあります。

私の平日は、朝から夜までフル稼働です。

では、
「ワークとライフのバランスは取れているのか?」
と、言われると、
「取れている」
と答えられます。

私の考えるワークライフバランスは、時間ではなく気持ち、メンタル面でのバランスが取れているか、というところをポイントにしています。

私の平日は仕事をしっかりしています。ですが、休日は基本的には仕事をしません。休みの日は、自分のプライベートのための時間です。

一週間でみたときの、仕事とプライベートの時間のバランスは全く取れてませんが、気持ちの面ではどちらも充実しています。

ワークライフバランスを何のポイントでバランスとるのか、自分なりのポイントを見つけるのがよいでしょう。