読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事をスムーズに進めるために『信頼残高』を貯めよう

ビジネス・メンタル 仕事術

昔読んだ何かの本で『信頼残高』という言葉がありました。
『信頼残高』とは、仕事を確実にこなしていくことで信頼が貯まっていき、逆に失敗をすると信頼が減っていく、という考えでした。

最近、ひょんなことで思い出しました。

ずっと仕事を着実にこなしている人の『信頼残高』は貯まっていく一方で、うまくいっていない人の残高は減っていき、場合によってはマイナスになってしまいます。

『信頼残高』が貯まっている人が、ときどき失敗をしても、

「ま、そんなときもあるよね。」

くらいで済みますが、信頼残高が少ない人が失敗をすると、

「また失敗したのか」

と言われてしまいます。

とまあ、当たり前のことだと思います。

さて、なぜこんなことを思い出したかというと、とあるきっかけがありました。

プロジェクトメンバーにAさんとBさんがいます。

Aさんは、いわゆるできる人。
Bさんは、いわゆるできない人。

この二人がそれぞれ、自分のタスクに対して、
「このアプローチでやろうと思っています。」
といったときに、
Aさんに対しては、あまり細かく確認せずに
「いいんじゃない」
と言う一方で、Bさんに対しては、
「どこまでどう考えてそのアプローチにしようとしてるの?」
「こんなことは考えたの?こうことが発生したらどうしようと考えているの?」
といろいろ確認した挙句、差し戻したりしていました。

ふと自分のその反応を振り返ったときに、「贔屓」しているのかなぁ、とも思ってしまいました。   自分ではそういうことは全くするつもりはないのだが、反射的にしているのかなぁ、 仕事に対してはアプローチと成果に対してフェアに見ているつもりなのになぁ、と。

と、いろいろと考えているうちに『信頼残高』ということを思い出したのです。

AさんとBさんが同じ提案を持ってきても、きっと私の反応は同じにならないと思います。

結局、同じ提案であったとしても、そこまでに考えてきている量が違いますし、この先、何かトラブルが発生したとしても、AさんとBさんでは解決能力が違うから安心度が違うのだと思います。

つまり、過去があり、現在があるということです。

これを自分に置き換えてみます。

今の自分は、何かを提案してもあまり細かいことは聞かれずに通ることが多いです。むしろ、この件はあいつに任せているから大丈夫だろう、というくらいに放置されていることもあります。

ですが、昔を振り返ってみると必ずしもそうではなく、
「なんでそうするの?」
「本当にそれで大丈夫なの?」
と言われたこともあります。

これは過去だけでなく、自分の未来についても同じことが言えると思います。

この先、いまのプロジェクトが終わって新しいプロジェクトや新しいビジネスに携わったときに、そのような扱いを受ける可能性もあります。

自分の仕事をやりやすくするためには、やはり成功を積み重ね、信頼を増やさなければいけないと思います。 逆に、「何を言ってもいつも信用されない」と言っている人は信頼残高が少ないのだと思います。

自分にどれだけの『信頼残高』があるか、と言うことを一度考えてみるのもいいと思います。

f:id:vekitomo-0:20161124000758j:plain:w300

【BIG tomorrow記事掲載】言葉より図で説明すると仕事のやり直しが減る

仕事術 ビジネス書

BIG tomorrow(ビッグトゥモロー) 2017年 01 月号 [雑誌]?

BIG tomorrow(ビッグトゥモロー) 2017年 01 月号 [雑誌]?

11/25発売のBIG tomorrowにインタビュー記事が掲載されました。

f:id:vekitomo-0:20161126004536j:plain:w350

記事タイトルは、 『言葉より図で説明すると仕事のやり直しが減る』 です。

最初は、
「上司、同僚、部下に仕事の足を引っ張らせない工夫」
というテーマで話を聞きたい、というオファーだったのですが、あまりネガティブな話はしたくない、という前置きをしていろいろと話をした結果、図解コミュニケーションに興味を持たれ、このような記事となりました。

デジタル全盛の時代に逆行するように、部下に”手書きの図”で指示する。

とサブタイトルで揶揄wwwされながらの記事です。

最近、取材を受ける機会が増えてきているのですが、割りと食いつかれるのが手書きにこだわっているところです。

プレジデントでも手書きに興味を持たれました。。。

vekitomo-0.hatenablog.jp

ノートはもちろんですが、手帳や、コミュニケーションの際のコピー用紙に手書き。

会社名からして、超ハイテク・デジタル至上主義だと思ってました、と言われます。

違うんです、、、私はローテクなのです。 手書きが一番ですし、資料を読むにしてもPC上でファイルで見るよりも、印刷して紙で見ます。
そうしないと頭に入ってこないのです。。。
一応、アメリカとかでの実証実験では、デジタルよりも手書きの方が記憶に残りやすいという『実証』実験はあるようです。

その真偽はさておき、何がどうであれ、私は『手書き』派なのです。

手書き関連の私の記事のリンクを貼っておきます。

vekitomo-0.hatenablog.jp

vekitomo-0.hatenablog.jp

仕事は『任せる』もの 『丸投げ』してはいけない

リーダーシップ 仕事術

先日、とあるチームのリーダーに、
『〜〜の件どんな感じ?』
と聞いたところ、
『あぁ、それは〜〜さんに任せてるから把握してない』
と言われました。

ものすご〜く違和感を感じました。

その違和感の理由は、『任せてる』と『把握してない』の組み合わせにあると思いました。

当然ですが、仕事をメンバーに任せることは多々あります。 そして、タイミングによっては状況を把握していないこともあります。

ですが、
任せている『から』、把握していない
というのは、つまり丸投げしていて、リーダーの責務を果たしていないことだと思います。

リーダーは、
* どこまで任せるのか
* どこまで把握するのか
を考えながら仕事を発注しないといけないと思います。

どこまで任せるのか

どこまで任せるのか、というのはメンバーのスキルに依存します。単純にスキルが高い/低いという2つの尺度だけで考えるとすると、

  • スキルが高いメンバーには、命題だけ与えて仕事を任せる
  • スキルが低いメンバーには、手順・プロセスまでをある程度指示をして仕事を任せる

という裁量がうまれます。
実際にはもっと考慮しなければいけないことはありますが、人を見て判断しないといけないということになります。

どこまで把握するのか

これもまた同じです。
把握する頻度を決める尺度のうちのひとつはスキルです。
これに加えて、緊急度というものも重要な尺度となります。

1ヶ月くらいのスパンの仕事なのか、超トラブル対応で数日単位の仕事なのかによって、状況を把握する頻度は変わります。

いくら優秀なメンバーが対応をしていたとしても、超緊急のときは、こまめに状況を把握する必要があります。
ひとつの判断ミスが取り返しの付かない結果を招く可能性があるからです。



ということで、『任せて』も『丸投げ』はしてはいけません。
意図的に把握の頻度を落としているのと、把握することを放棄しているのとは大きな違いです。

f:id:vekitomo-0:20161122131632j:plain:w300