今、自分の仕事にストレスを感じていないなら、それは自分が成長していないということ

私は若いころから『つま先で背伸びをして足がつるくらいの仕事がしたい』とずっと上司に言っていました。

自分のそのときに持っているスキル・実力よりもさらに頑張らないとできない仕事を求めていました。

背伸びをするレベルではなく、つま先で立って足がつるくらいの限界のレベルです。

IBM CEOのGinni Romettyの言葉を借りると、

Growth and comfort do not coexist.
(成長と快適さは共存しない)

です。

あなたの今の仕事は快適でしょうか?何の苦もなく進めているでしょうか?楽ですか?

もしそうであれば、それは成長をしていないということだと思います。それほど深く考えず、これまでやってきたやり方でやれている、という状況でしょう。

すなわちそれは、今持っている実力の範囲内での仕事をしている、ということだと思います。

f:id:vekitomo-0:20180215190132j:plain

『成長する』とは何でしょう?

それは、今の自分ができないことをできるようになることです。

そのためには、今の自分にとってチャレンジをしていかないといけない、ということです。チャレンジをする、ということは何かしらのストレスがかかるということになります。

「できるかな?」

という不安にも駆られ、

「できなかったどうなるのだろう?」

という焦燥感にも苛まれます。

ですが、この経験を踏まない限りは成長はありません。

最近では、ワーク・ライフ・バランスという言葉がメジャーになってきていて、仕事とプライベートのバランスが重要視されています。極力、残業をせずにアフター5も充実させよう!という風潮もあります。

私はこれには半分賛成で半分反対です。

ワーク・ライフ・バランスという言葉が出るときの多くは、労働時間とプライベートの時間が天秤にかけられます。

ですが、私は仕事は時間で測るものではないと思っています。

ただ、これは人それぞれの価値観なので、どちらがいいとか悪いとかを言っているわけではありません。

それなりに仕事を頑張ろうと思っているならば、時間を尺度にしないほうがいいと思います。

私の場合、平日はほとんど家族に会ってません。夜、家に帰るのは24時前後なので夜は会えず、顔を合わせるのは、朝の20分位です。

ですが逆に、休日はよっぽどのことがない限りは仕事をしません。休日は自分と家族のプライベートの時間と決めています。

これは時間のバランスではなく、メンタル的なバランスです。

何のために仕事をしているか、というと、多くの場合は飯を食うためです。その飯を食うための仕事の時間とプライベートの時間で時間的なバランスを取るということは両立しないと思っています。

そして、どうせ人生の多くの時間を仕事に費やさないといけないのであるならば、前を向いて、上を向いて仕事をしたいものです。

Growth and comfort do not coexist.

成長を目指すのならば、ぜひ心に止めておきたい言葉です。

f:id:vekitomo-0:20180215190118j:plain

vekitomo-0.hatenablog.jp

vekitomo-0.hatenablog.jp

BOSE QuietControl 30が英語のリスニングにおすすめ!

最近、英語のリハビリをするべく、英語の勉強をあらためてしています。

英語の勉強のひとつに、最近ではPodcastを使っている人も多いと思います。私も移動中にPodcastを聴いたりします。

ですが、移動中のリスニングの難点は、電車の騒音です。密閉型のイヤホンを使っても、電車の音が入ってきますし、それに負けじとボリュームを上げると音漏れが気になってしまいます。

そこでおすすめなのが、

BOSE QuietControl 30

です。

ノイズキャンセル機能がついたイヤホンです。 このイヤホン自体のレビューは、多くのサイトで書かれているので省きますが、いいです、これ!

定価が税込で34,560円と値が張ってしまいますが、ノイズキャンセル機能の効果は抜群です!

完全にノイズがキャンセルされきってしまうわけではありませんが、十分です!

英語の音もノイズにかき消されずに聞こえますし、ボリュームをそんなに大きくしなくても聞こえるので音漏れも気になりません。

もちろん、音楽を聴くときにもGoodです。

定価以外の値段で買えることが少ないみたいですが、AmazonはときどきOffやってるみたいです。 2018年2月14日時点では、9%割引になっていて、31,320円で売られています。

少々、高い買いものですが、移動中の英語リスニングにストレスを感じてる方にはおすすめです。

光コラボレーションの勧誘に騙されかかった!というか、一度騙された!

今回は仕事術関係ない投稿です。

週末に電話勧誘に騙されかけたので、その経験をシェアしたいと思います。 騙されかけた、というか、一度、騙されてしまいました。T T

f:id:vekitomo-0:20180214110203j:plain

光コラボレーションの勧誘

私の家ではNTT Flet's光を使っています。インターネットと電話とテレビを繋いでいます。

最近、「光コラボレーション」というサービス?があり、NTT東日本/西日本が提供する光回線「フレッツ光」を各事業者が借りる形態をとり、さまざまな独自サービスなどを付加して各社の“ブランド”として販売するモデルのことらしいです。

光コラボレーションの詳しい説明は、こちらを参考にしてください。

setsuzoku.nifty.com

そのようなことがあるのは認識していて、ちょくちょく勧誘の電話がかかってきていましたが、 毎度毎度、「興味ありません」といって断っていました。

NTTフレッツからの電話???

なんですが、今回は、日曜の夕方に電話がかかってきて、

NTTフレッツですが・・・

と名乗りました。

その時点で完全に油断してしまいました。

話を聞くと、いつもの光コラボレーションの話だったのだが、NTTフレッツが直々に電話を掛けてきているのだから「悪くないだろう」と思ってしまいました。

NTTも他社に契約を取られる続けるのもイタいので、自分たちも営業を仕掛け始めたのかな、と思いました。

そして、ガイドされるがままに手続きを進めました。

なんかおかしくない?

手続きを進めていく中で、

なんかおかしくない?

と思い始めました。 現契約のあるNTTであればみれるであろう、私の契約状況などが見れていないようで、イチイチ聞かれました。

で、話を進めていくと、

「次回の請求から、請求書に書かれる会社名が変わります」

とか、

「初期費用がかかりますが、今回は無料にします。」

とか・・・・。

「???」

f:id:vekitomo-0:20180214110142j:plain

ネットで検索したら・・・ \\\٩(๑`^´๑)۶////

で、つまるところ今回の業者は「iSmart ひ○り」というところのようだ、ということが分かってきました。

一通りの手続きが終わり、この怪しさ満点の会社をネットで検索したところ、

「評判よくない!」

NTTフレッツからの電話だと思ってしまってましたが、 かなり騙された感がありました。

速攻 NTT東日本に電話!

これはやばい、変更したくないと思い、NTT東日本の速攻電話をいれました。

日曜夕方で繋がりにくく、10分くらい待ちましたがなんとか繋がり、経緯を説明し、なんとか戻したいとお願いします。

状況を調べてもらったところ、まだ業者からの手続きは進んでないので、今回の処理を無効にします、といって対処してもらいました。

で、少しいろいろと聞いたのですが、

最近、NTTの名を語って勧誘する電話が多いらしいんです!

とのことのようです。

NTTから直接電話をすることはありません、と言っていました。

電話勧誘でその場で決めるのはやはりなし!

これまでずっと、光コラボレーションに限らず、電話での勧誘は断ってきたのですが、今回は、騙されかかりました。 あぶなかった・・・。

速攻でキャンセルしたので、なんとかなりましたが、いい教訓を得ました。

やはり、電話だけでの勧誘をその場で進めてはダメだな、と。

もう2度と引っかからないように気をつけます。

みなさんもよく分からない内容の話が電話できたら、気をつけてください。

f:id:vekitomo-0:20180214110122j:plain