読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9/10 第2回 仕事術セミナー開催します

仕事術

9/10(土)に第2回目の仕事術セミナーを開催します。
7/9に行った第1回目が定員枠は50名に対して、多くの申し込みをいただいたので、枠を拡大して58名で開催させていただき、大変な好評をいただいたので、追加開催が決定しました。

f:id:vekitomo-0:20160623003141j:plain:w350

store.kadokawa.co.jp

物事を論理的に整理するために必要なロジカル・シンキング、チームで仕事をするために必要なリーダーシップ、そして、スピード仕事術の3つを中心にお話いたします。

目次や資料のチラ見を↓に載せております。

よろしければご参加いただければと思います。

なお、大阪開催も検討中です。

vekitomo-0.hatenablog.jp

セミナー資料チラ見

全体的な構成はこのようになっています。ロジカルシンキングから始まり、リーダーシップ、そしてスピード仕事術という流れです。

f:id:vekitomo-0:20160709231129j:plain

配布資料は100ページ位のボリュームで、イメージはこのような感じ。

f:id:vekitomo-0:20160626111030j:plain

ロジカル・シンキングのページの一例です。 f:id:vekitomo-0:20160709231305j:plain

コミュニケーションについてのページです。 f:id:vekitomo-0:20160709231730j:plain

こだわりにこだわり過ぎない柔軟性も大切 ~ブログ開設1周年 ~

ブログ術 仕事術 ビジネス・メンタル

2016年8月26日で、このブログの開設1周年となってました。。。
早かったようで長かったようで、ひとまず1年続けてきたことをひとつの成果としたいと思います。

今日のテーマは、

  • こだわりにこだわり過ぎない
  • けど、こだわろう

ということです。

このブログを始めたときは、3ヶ月連続更新ということを自分に課していました。
それに向けて日々更新していましたが、その途中で他に優先すべきことが出てきたので連続更新は60日でやめました。

vekitomo-0.hatenablog.jp

3ヶ月連続更新は達成したかったな、という思いはありつつも、そちらを優先させてしまうと、他の新しい優先事項は疎かになったと思います。

仕事でもいろいろとこだわりはあります。
例えば、手帳の使い方↓。

vekitomo-0.hatenablog.jp

この記事は去年の冬に書いたものですが、今は少し使い方が変わってます。
今の方がこのときよりも、仕事自体に余裕があるので、ここまでバシッと使っていません。少しルーズにしています。

という感じで、いろいろと仕事のやり方など、こだわりを持つことも大切ですが、

状況が変わったらこだわりも変える

ことが大切だと思います。『朝令暮改』です。

ビジネスは刻一刻と状況が変わります。その状況に合わせた対応を臨機応変にしていきましょう。

f:id:vekitomo-0:20160827232905j:plain

分析は分析対象の塊の大きさで結果が変わる

仕事術 ロジカル・シンキング

データ分析をするときは、

  • 『平均値』と『中央値』は違う
  • そして、その2つとも使ったほうがいい

という話をこちら↓の記事に書きました。

vekitomo-0.hatenablog.jp

今回は、データ分析をするときの塊の大きさについて書きたいと思います。

活字では説明しづらいので、事例を使って説明します。
この前と同様に、ブログの記事投稿数を題材に説明をしたいと思います。 1年間のブログの記事投稿数とその投稿期間について分析をした結果をまずはご覧ください、こちらです。

f:id:vekitomo-0:20160822131247j:plain

まず見てもらいたいのは、一番下にあるTotalです。これは1年間のデータから単純にそのまま平均値、中央値、最大・最小値を算出したものです。
この数字が1年間の平均値・中央値となります。

そして、そのTotalの上に月毎に集計した数字があります。

ざっと見ただけで月毎に数字がバラけているのがわかります。

投稿期間のTotalの平均値は1.8日ですが、

  • 2015年9月は0.9日
  • 2016年7,8月は2.8日

です。明らかに去年の9月と比べて今年の夏の投稿ペースは下がっています。

また、投稿期間の最大値データをタテに見ると月を追うごとにペースが落ちてきているのがこの数字からもわかります。

このように全量データに対するTotal分析では分からないことが見えてきます。
つまり、分析対象をいくつかの塊に分けることで時系列の動きなどが見えてくるようになります。
今回は月毎の分析にしましたが、週ごとにするとまた少し違ったものが見えてくるかも知れません。

分析対象の塊の大きさ。分析するときはどの塊の大きさにするのかを考えてみてください。

 9/10(土) 第2回目 仕事術セミナーを開催

7/9に行った第1回目セミナーが定員枠は50名に対して、58名と大変な好評をいただいたので、9/10の追加開催が決定しました。

f:id:vekitomo-0:20160623003141j:plain:w350

store.kadokawa.co.jp

物事を論理的に整理するために必要なロジカル・シンキング、チームで仕事をするために必要なリーダーシップ、そして、スピード仕事術の3つを中心にお話いたします。

目次や資料のチラ見を↓に載せております。

よろしければご参加いただければと思います。

なお、大阪開催も検討中です。

vekitomo-0.hatenablog.jp

セミナー資料チラみせ

全体的な構成はこのようになっています。ロジカルシンキングから始まり、リーダーシップ、そしてスピード仕事術という流れです。

f:id:vekitomo-0:20160709231129j:plain

配布資料は100ページ位のボリュームで、イメージはこのような感じ。

f:id:vekitomo-0:20160626111030j:plain

ロジカル・シンキングのページの一例です。 f:id:vekitomo-0:20160709231305j:plain

コミュニケーションについてのページです。 f:id:vekitomo-0:20160709231730j:plain