読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミュニケーションミスで失うもの 〜品質と時間

前のエントリーで、コミュニケーションでは『鮮度』と『濃度』と『精度』が大切です、ということを書きました。

vekitomo-0.hatenablog.jp

今回は、その『精度』について書きます。

当たり前ですが、コミュニケーションでは、情報を正しく伝えることが大切です。

それはなぜでしょうか?

コミュニケーションミスが発生してしまうと、失うものが2つあります。

ひとつは『品質』、もう一つは『時間』です。

品質を失う

例えば、資料作成を依頼したとします。「AAA」という資料作成を依頼しましたが、正しく伝わらず「AaA」という資料が出てきました。 これが品質を失ってしまうということです。発信者が期待したものと違うものがアウトプットされるのです。

ですが、「AAA」を期待していて「AaA」がでてきても、許容範囲なのでこれを受容します。

時間を失う

では、「AAA」を期待していて「xyz」というものが出てきたらどうでしょう?

さすがに全く違うので、やり直しを指示します。これが時間を失ってしまうということです。

そして、やり直した結果、「AAa」というものが出てきました。「AAA」とはちょっと違うので、品質も失っています。 この場合では、時間と品質を失っているのです。

このように、コミュニケーションで正しく伝わらないと「品質」と「時間」を失ってしまいます。図にするとこのようなイメージです。

f:id:vekitomo-0:20170513134354p:plain

コミュニケーションの発信側となるときは、『正しく伝える』という『精度』を意識しましょう。

f:id:vekitomo-0:20170513140750j:plain:w350

参考図書

コミュニケーション系の参考図書を紹介します。

伝える力 (PHPビジネス新書)

伝える力 (PHPビジネス新書)

アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書

アメリカの大学生が学んでいる「伝え方」の教科書

  • 作者: スティーブンE・ルーカス,Stephen E. Lucas,狩野みき(監訳)
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2016/11/30
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る

伝え方が9割

伝え方が9割