外資系社員が実践している成果の出る仕事術

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Macbook Airのケースをぶった切った 〜我ながら合理主義だと思った

仕事術 最速仕事術 Mac

仕事用のPCがWinからMacbook Airに変わったのでMacbook Air用のケースを買うことにしました。
検索するといろいろと出てきますね。悩みに悩んだ結果、今回は、こちらにしました。

イギリス製らしいです。コスパとデザイン重視です。私は、デザインもそれなりに重視しています。
せっかく持つものがダサいと気分も上がらないですからね。とはいえ、べらぼうに高いものは買いません。

このケースは合皮レザーで、3,000円とまあ高からずな値段です。色はオレンジにしました。ピンクに行ってみるか!と思いましたが、踏みとどまってしまいました。

f:id:vekitomo-0:20161120215714j:plain:w300

さて、商品が届いて数日使っていたのですが、イマイチ、なんか、しっくり来ませんでした。
なんでだろう?と思ってケースを見ていたところ、フタにあたる部分が邪魔であることがわかりました。まずひとつは、高さを稼いでしまっていること。
そしてもうひとつは、ケースをカバンに入れたままMacを出し入れするので、フタがあると面倒くさいのです。いちいちフタを開かないと出し入れできないからです。

f:id:vekitomo-0:20161120215716j:plain:w300

というわけで、このフタをぶった切ることにしました。
こんな感じです。すっきりしました。

f:id:vekitomo-0:20161120215736j:plain:w300

ほら、横からみてもすっきりでしょ!

f:id:vekitomo-0:20161120215748j:plain:w300

切り口はそのままだと、ガバガバでほつれてしまうので、速乾強力ボンドで貼り付けました!

f:id:vekitomo-0:20161120221137j:plain:w300

いや、いいかんじです。厚み的にもかさばらなくなったし、カバンから出し入れするときにも、いちいちフタを開けなくていいです。

とはいえ、デザインを気にしつつ買ったケースのフタを大胆にもぶった切ったことに、我ながら合理主義だなぁ、と思いました。

なんにせよ、何かのストレスを感じつつ使っていくのはイマイチだと思います。ぶった切ったことで、ストレスが無くなりました!

昔の記事で研修資料をぶった切ったことも紹介しています。よろしければご覧ください。

vekitomo-0.hatenablog.jp

元のままの形をそのままにしておく理由はないと思います。自分の使いやすいようにカスタマイズすればいいと思います。