読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電動空気入れでBBQの炭火おこしを最速にする

仕事外

今日は仕事の話ではありません。

先週末、夏休みとして新潟の家でBBQをしました。 そのときにBBQの火おこしで新技を編み出しました。

電動空気入れを使うのです!

そのときの様子がこちらです。

f:id:vekitomo-0:20160818191656j:plain:w350

そもそも今回、なんでこんな技を編み出す必要があったかというと、『オガ備長炭』という炭を買ってしまったからです。
ホームセンターで、『焼肉屋さんで使われている炭で、煙も出にくく、火持ちも良い!』と書かれていたので、これは試してみようと思って買いました。

オガ備長炭10kg、2級、長時間燃焼

オガ備長炭10kg、2級、長時間燃焼

なんですが、実は、かなり火がつきにくかったのです。着火剤を使ってもまったく火がつかず、あとあと調べてみると、やはり備長炭に火をつけるにはいろいろなアイテムやテクを使わないといけないようです。

で、どうしようか、どうやったらつけられるかな、と考えていたときにふと電動空気入れを思いつきました。
ちょうど子どものプールを出していたので思いつきました。 こちらの代物です。

これで空気を送り込めばいいのでは??と思ってやったところ、大正解でした! うちわでは、仰いでも限界がありますが、この空気入れではイケイケです。

ただし、火の粉がチリやすいので、周りに火のつきやすいものがないか、気をつけてください。あと、風下からやると飛び散った火の粉が自分にかかって熱い思いをします。

いつものBBQはマングローブ炭をうちわで火をつけていますが、お試しでその炭でもやってみたところ、この空気入れを使うとあっという間に火がつきました。

難点は、電源がない環境ではこの方法は使えないことです。あしからず。

オガ備長炭の火の付け方

オガ備長炭の火起こし方法が書かれたページを参考までにリンクします。

camperman.blog.fc2.com

バーベキューの炭火起こし、キャプテンスタッグの火起こし器でオガ備長炭も楽々着火!