読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「成果に表れる」と「成果に現れる」の違いは・・・??あなたはどっち?

仕事術 ビジネス・メンタル

本の原稿チェックをやっているなかで、「あらわれる」の漢字の壁にぶつかりました。

本文では、「成果にあらわれる」という文章で、最初に私は「現れる」と書いていました。 それが校正で「表れる」と直されていて、再度、「現れる」と赤字で修正をかけたのですが、「表れる」のままでした。

自分なりにこだわって、「現れる」としたのですが、それが2度も却下されたので、むむむ、と思って、プロジェクトメンバーの何人かに聞きまわって多数決を取りました。

結果、「表れる」の方が多数でした。

さて、このふたつ何が違うのでしょうか? 超ざっくり書くと、こんな感じではないでしょうか?

表れる=抽象的なもの
現れる=物理的なもの

すなわち、私は、成果を物理的に明確に目に見えるものと捉えていたのです。そして、他のメンバーは抽象的なものとして捉えていたようです。

ということがわかり、うちの若手メンバーに、「だから成果がでないなのかぁ」と茶化して、「早く明確な目に見える成果を出せよ~~」とさらに茶化しました。

どっちの漢字を使うか、それだけでも、ものごとをどう捉えているのかが分かる、という経験をしました。

f:id:vekitomo-0:20160417204942j:plain:w300