読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーダーが決めないとチームは動かない

仕事術 リーダーシップ

リーダーは決めるのが仕事です。

f:id:vekitomo-0:20151207223244j:plain:w300

即断即決する

「あの人は全然決めてくれないよね」とリーダーを揶揄する声を聞いたことがあると思います。自らがそういうチームにいて苦労をした人も多いことでしょう。

残念なことに、世の中には物事を決めないリーダーが数多くいます。

そういうリーダーはなぜ決めることができないのでしょうか?私は3つの原因があると思っています。

  • 決定するための情報が十分にそろっていないと思っている

  • 決めることに伴う責任に臆している

  • そもそも、決めないとチームが動かないということを理解していない

リーダーという立場にある人間は、チームを動かすために覚悟を持って「決める」という行為をしなければなりません。それもできるだけ早くに、です。

時期尚早といってはいけない

時期尚早と言う人間は、100年経っても時期尚早と言う。
前例がないと言う人間は、200年経っても前例がないと言う

Jリーグの初代チェアマンである川淵三郎さんの有名な言葉です。高校生の時に聞いた言葉ですが、私がリーダーとして強く意識しているフレーズのひとつです。

リーダーは“決断”し、チームを前に進ませなければなりません。決断しないリーダーはチームの成果を上げることはできないのです。 さらに、その決断が早ければ早いほどチームの成果はさらに大きくなります。

リーダーの「即断即決」の成果は、はかりしれません。