読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事が速い人は初動が早い ~まず動こう!

f:id:vekitomo-0:20151117131138j:plain:w300

まず、最初の一歩を動き出さないことには何も始まりません。
私はよく、初動が早い・遅いという表現を使います。

仕事が遅い人は初動が遅い

仕事の遅い人は初動が遅い人が多いと思います。

やること決めたのに、半日後に様子を聞いてみると、

 「まだ着手してません」

というのです。

2日後、3日後に聞いて、

 「まだ動けてません」

とか言われると、もう『勘弁して下さい』レベルです。

初動の早さは気持ちの面が大きい

初動が早いか遅いかは気持ちの面が大きいと思っています。

早く動かないといけない、と思っていないかぎりは早くなりません。
その前に、早く動く必要がある、と思わないかぎりは早くは動こうとは思いません。

仕事が速い人は初動が速いです

初動の早さの積み重ねは、圧倒的な差を生み出します。

早く着手する、早く動き始める、ということができていない人は、まずはやってみてください。

本当に、新しい世界が見えてくると思います。これは私の経験から明らかです。

関連記事

その他の仕事最速記事はこちらのカテゴリからどうぞ。

vekitomo-0.hatenablog.jp

本日のおすすめ参考図書

仕事を速くする系で特に役に立った3冊を紹介します。

「先延ばし」にしない技術

仕事を速くする系では、この本が一番役に立ちました。

「明日」と「後で」は負け組の単語であり、「今日」と「いま」は勝ち組の単語だ。

[Kindle版]

「先延ばし」にしない技術

「先延ばし」にしない技術

[書籍版]

「先延ばし」にしない技術

「先延ばし」にしない技術

なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣

世界で200万部の大ベストセラーらしいです。
図解版も出ています。 読んで損はありません。

すべての仕事の基本は、すぐにやる、だ。

図解 なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣―世界中のビジネスマンが学んだ成功の法則

図解 なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣―世界中のビジネスマンが学んだ成功の法則

なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣

なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣

「読む」「書く」「考える」は5分でやりなさい!

ロジカル・シンキングができていないと、実践がちょっとむずかしいところもありますが、ロジカル・シンキングができていれば、「なるほどね」と思える本でした。
私は、このブログを業務外時間で書いていますが、このブログ運営にあたっては、スキマ時間を使いかたなどかなりの影響を受けています。

これだけたくさんの仕事をしても、「忙しい」感覚はないんです。

「読む」「書く」「考える」は5分でやりなさい!

「読む」「書く」「考える」は5分でやりなさい!