コスパ最高の万年筆を見つけた

f:id:vekitomo-0:20151028212926j:plain:w350

ペンの書き味、書きやすさにこだわった結果、いまは万年筆に辿り着いています。
万年筆にしている理由は、
 書くのに筆圧がいらない
からです。
どこでも書けるし、電車の中で立ちながらでもなんとか書けるからです。

電車の中の時間は自己投資の時間にしていて、本を読んだり、メモを取ったりするので、万年筆を重宝しています。

ペンのこだわりと、自己投資については、こちらの記事をご覧ください。 vekitomo-0.hatenablog.jp

vekitomo-0.hatenablog.jp

ということで、いままで使っていた万年筆はLAMYの万年筆です。

このLAMYの万年筆はコスパが高いことでも有名です。

特に不満もなく使っていたのですが、電車の中で困ることがひとつだけありました。
万年筆を一本しか持っていなかったので、電車の中で使おうとするとペンケースからわざわざ出さないと使えなく、それが面倒でした。

で、ペンケースに入れるのではなく、カバンの横のポケットに挿しておくためにもう一本欲しいなと思っていました。ですが、LAMYの2本目を買うと、また、数千円するので踏ん切りがつかずにいました。
ということで迷っていたところ、たまたまプレジールなるプラチナの万年筆を見つけました。

プラチナ万年筆のプレジール

プラチナ万年筆のプレジールです。
これ、なんとAmazonで700円くらいで買えるのです。
しかも、見た目も安い感がなくわりとおしゃれです。

安い万年筆は他にもありますが、どれも見た目から安い感が漂い、それだけで候補から落ちてたりしてました。
さらにいいことに、ネットで調べていると、機能的にも特に問題なさそうでした。

ということで、買ってみました。

プラチナ プレジール 細字 アイスホワイト

プラチナ プレジール 細字 アイスホワイト

私は、LAMYの万年筆でコンバーターにいれるインクを持っているので、今回のプレジールもコンバーターを購入しました。

プラチナ万年筆用 コンバーター500/CONVERTER-500 4602005

プラチナ万年筆用 コンバーター500/CONVERTER-500 4602005

実物はこんな感じです。

f:id:vekitomo-0:20151029232004j:plain:w250 f:id:vekitomo-0:20151029232006j:plain:w250

結果、
これ、いいっす。Good!
書きっぷり問題ありません。見た目も全然問題ありません。

なんといっても安い。これなら何本か買ってもそんなに痛くはありません。

カバンの横ポケットに挿して、通勤電車の中で使ってます。
いちいちペンケースから出さなく良くなったので、かなり快適になりました。

プレピーなるものもあります

プレジールというものの先代?のプレピーなるものもあります。

プラチナ萬年筆 万年筆プレピー ブラック PPQ-200?1-2

プラチナ萬年筆 万年筆プレピー ブラック PPQ-200?1-2

なんと、200円くらい。

ですが、いろいろ調べているうちにプレジールを見つけたので、今回はプレジールにしました。

ですが、このプレピーは、プレジールと中身は同じで外見がプラスチックかアルミかの違いらしいです。 いろいろWebで見ていると、プレピーはそのうち、キャップあたりからひび割れがくるらしいので、耐久性と見た目のデザインを採用してプレジールとしました。

でも、プレピーは200円なので、お試しするにはいいと思います。