読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強いチームを作るためにはハードルを下げてはいけない

リーダーシップ 最速仕事術 仕事術

先日、東洋経済オンラインに寄稿した記事の中で、
 部下のモンキーは背負ってはいけない
と書きました。

toyokeizai.net


その記事の中で、

私はメンバーが
「どうしたらいいですか」
と聞いてきたときには、必ず
「どうしたらいいと思う?」
とおうむ返しで返事をすることに決めています。


ということを書いていましたが、

そうはいっても、メンバーは答えを持ってこないよ


という話をもらいました。

まあ、たしかにそれはそれである意味、事実でもあると思います。

ですが、強いチームを作るのであれば、
 メンバーに課すハードルは下げてはいけない
と私は考えています。

いまは、メンバーが答えを持ってこなくても、時間をかけてでも、持ってくるようにしないといけません。

メンバーに上のレベルを求めて、高いハードルを越えられるようにしないかぎりは、チームが強くなることはないのです。

f:id:vekitomo-0:20151017013046j:plain:w300


チームを強くするにはハードルは下げてはいけない

自分が求めているものに対して、メンバーがその下のものを持ってきたら、それに妥協しては受け取ってはいけません。

「求めているものに達していない」
と差し戻しましょう。

ですが、ただ単に差し戻しても、自力で改善できるとは限りません。
その時に大切なのは、相手を見てフォローを変えることです。

自分で改善点を見つけて、ひとつ上のレベルに持っていけるメンバーと、
なんどやっても、自力では改善できないメンバーがいます。

後者に対しては、改善に対するアドバイスなどのフォローが必要です。

それをしなければ、あと何回やっても結果は同じです。
時間の浪費になります。


チームを強くするには根気がいる

チームが強くなるということは、個々のメンバーが強くならないといけません。
メンバーが課したハードルを越えられるようになれば、チームは強くなります。

ですが、個々のメンバーが成長するには一定の時間が必要です。

もちろん、人それぞれで成長のスピードは違いますが、総じていうと一定の時間が必要です。

なので、速く成長するための工夫はしなければいけませんが、時間がある程度必要であることは頭に入れておきましょう。

中長期的にメンバーを育成していくことが必要です。
その結果として、チームが強くなるのです。


まとめ

求めるものに対して、メンバーが低いレベルでアウトプットしてきたら、心を鬼にして差し戻しましょう。
差し戻されると、メンバーは嫌な気持ちになるし、陰で文句も言われると思います。

ですが、リーダーとしてチームを強くするためには必要なことだと思います。

中長期的にチームを強くするためには、個々のメンバーが強くなる必要があります。
ハードルを下げてしまっては、メンバーはそのハードルの高さまでしか飛べません。

すなわち、チームとしてもそのハードルしか飛べないのです。

チームが高く飛ぶために、ハードルは下げてはいけません。