読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガツガツいきたい若手におすすめの本 ~下克上!!!

即戦力の磨き方

「下克上の時代を生き抜く」というフレーズに引っ掛かり手に取った記憶があります。
2006年のちょっと古い本ですが、若手の人におすすめの本です。

即戦力の磨き方 (PHPビジネス新書)

即戦力の磨き方 (PHPビジネス新書)

私がこの本を読んだのは、入社4年目くらいのときです。
その当時、水戸のプロジェクトのために東京⇔水戸の移動中の電車の中で読みました。

私はこれに強烈に刺激を受けて、勉強せねば!!!と思い、これ以来、多くのビジネス書籍を読み勉強するようになりました。

もっと早く出会えたら良かったな、と思いつつ、これ以上遅くなくて良かったな、とも思いました。

それまでは、今から思えば、いわゆる「我流」の仕事をしていました。
思いつきとニオイで仕事をしていたといってもいいくらいです。今から考えると。

この本で初めて、ロジカル・シンキングというものに出会い、このスキルを身につけないといけない!!!と思いました。

この本は、スキルを学ぶというよりは刺激を受ける、という本です。

ガツガツ成長を目指したい若手におすすめします。
もちろん若手でなくても、刺激を受けたい人におすすめします。


インパクトの強かった言葉

超久しぶりに本棚から引っ張り出してみました。
昔読んでたときに線を引っ張っていたフレーズから3つほどピックアップします。

思いつきを結論にするな


今思えば、それまでは思いつき、ニオイ、勘とかで仕事してたなぁ。


無駄なことはやらない、考えない


これは、身に染みているというくらい身についているなぁ。


もっとも重要なのは、常にロジカルに考え、ロジカルに話せること。
事実に基づいた推論、論理的思考能力こそが唯一の世界共通言語


日常生活でやりすぎるとうざいですが、仕事では徹底的にやった方がいいですね。
できれば、通勤途中などもトレーニングをやるといいですが、人前でのやり過ぎには注意ですね。
キモい、とかいわれますよ。


その他のおすすめ書籍

バーバラミントの超有名な本、「考える技術・書く技術」です。
コンサル業界でこれを知らない人はモグりと言われるくらいの本です。
コンサルタントでなくとも、読んでおくべき本だと思います。

日本語の翻訳が若干つらい部分はありますが、
いずれにせよ、
上を目指す人には必読の本です。

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則

  • 作者: バーバラミント,グロービスマネジメントインスティテュート,Barbara Minto,山崎康司
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 1999/03
  • メディア: 単行本
  • 購入: 76人 クリック: 775回
  • この商品を含むブログ (282件) を見る