読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『とりあえずビール』はオフィスでは禁句

ビジネス・メンタル 仕事術

f:id:vekitomo-0:20151002005158j:plain:w400

『とりあず』ビールとは?

酒の席でよく用いられる常套句である。

とニコニコ大百科にかかれていた。


オフィスで『とりあえず』を使ってはいけない

さて、「とりあえず」を辞書的意味を調べてみると次のとおりでした。

とりあえ ず 【取り敢▽えず】
①十分な対処は後回しにして暫定的に対応するさま。なにはさておき。
②将来のことは考慮せず,現在の状態だけを問題とするさま。さしあたって。

よくオフィスで聞かれる、
 “とりあえず”、こうしよう
 “とりあえず”、~~~とする
とはすなわち、暫定的な対応であることを意味しています。

とりあえず、とは言ってはいけません。
暫定対応はやめましょう。
仕事は一発で仕留めましょう!!!


『いったん』も使ってはいけない

『いったん』、が口癖になっている人も実は多いです。

「いったん」の辞書的意味はこちら。

いっ たん 【一旦】
一時的に。ひとまず。 「 -家へ帰って出直す」 「道は-海辺に出てまた山に入る」
②ひとたび。一度。 「 -は廃業も考えた」 「 -決定した方針は変更できない」
③仮定の条件を示す意を表す。もし…となれば。そういう事態になれば,もとの状態に戻ることが難しい意を込めていう。


私は、
「いったん」~~~します。
と言われたら、
「いったん、って何? 仮?仮なの?」
と問いただします。

仕事は「一発で終わらせようよ!」と。


使うときは意図的に使う

とはいえ、もちろん使う時もあります。
それは必ず意図的に使います。

本当に仮で暫定対応のときは、とりあえず、とかいったんという表現で話をします。

意図的に使っているので、そのときは、 「いったんね、いったん」と仮の対応であることを強調します。

仕事の基本は一発で仕留めることです。

何度もやってはダメです。

何気なく使っていたとしたら意識してみましょう。