読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「~~したいと思います」には意志と責任を感じない

私は、仕事上の会話、メール、資料では「思う」と「考える」を意識して使い分けています。 言語としての意味や哲学的?な扱いとは少し違う解釈になるのかも知れませんが、私としては、 ・ 「思う」 には意志がなく責任が伴わない ・ 「考える」には意志があ…

『とりあえずビール』はオフィスでは禁句

『とりあず』ビールとは? 酒の席でよく用いられる常套句である。 とニコニコ大百科にかかれていた。 オフィスで『とりあえず』を使ってはいけない さて、「とりあえず」を辞書的意味を調べてみると次のとおりでした。 とりあえ ず 【取り敢▽えず】 ①十分な…

ビジネスで完璧主義は捨てよう ~100点を目指す必要はない 

学校・受験勉強では、100点を目指して、1点でも多くとることが価値のあることでした。 ですが、ビジネスにおいてはそうではありません。 全ての仕事に対して100点を目指してはいけません。 そもそも100点が必要な仕事はごくごく限られています。 80点の仕事…

超ポジティブ・シンキング ~いばらの道でも道は道や~!!

数年前ですが、私が役員のスタッフをしていたときのことです。 私の席の後ろから、 Aさん :「厳しいっす。いばらの道です。」 役員 :「いばらの道でも道は道や〜!」 「道があるだけマシや〜!」 「歩け〜!」 これを聞いたときに軽く衝撃を受けました。…

仕事のオン/オフから学ぶグローバルコミュニケーションの大事なポイント

カレンダー通りの仕事の人は、今日から連休ですね。 がっつり休む人もいるでしょう。 休むときは休んでリフレッシュしたいものですね。 さて、仕事のオンとオフに対する考え方ですが、やはり国によってそれぞれ違います。 今回の記事では、仕事のオンとオフ…

英語には「しょうがない」はない ~投げ出してはいけない

フィリピンのメンバーと仕事をしたときに しょうがない、を英訳するときにいくら調べても出てきませんでした。 正しくは「しようがない」らしく、辞書的な意味はこちら。 仕様が無・い 〔「しよう」は,「しょう」とも発音される〕 ① 他に良い手段がない。や…

成功した者は皆すべからく努力しておる!! @「はじめの一歩」の鴨川会長

努力した者が全て報われるとは限らん。 しかし、成功した者は皆すべからく努力しておる!! 私が大学生のときに、コンビニでマガジンを立ち読みしていたときに、この言葉が強烈に目に入ってきました。 この言葉は、「はじめの一歩」で鴨川会長が、世界タイト…

明けない夜はない ~ピンチもいつかは切り抜けられる

今週、自分のチームの「とあるエリア」の状況が爆発してしまいました。 読みが甘かったといえば甘かったのですが、ちょっと想定外で突然の爆発でした。。。 チームの9月の作業はパンパンに詰め込んでいて、乾いた雑巾状態で それをリカバリするのために、さ…